1526円 肩 サポーター スポーツ 男女兼用 右肩左肩兼用 フリーサイズ ショルダー 肩 サポーター スポーツ 男女兼用 右肩左肩兼用 フリーサイズ ショルダー サポーター 肩用サポーター 肩のサポーター スポーツ・アウトドア スポーツウェア・アクセサリー スポーツケア用品 サポーター サポーター,サポーター,スポーツ・アウトドア , スポーツウェア・アクセサリー , スポーツケア用品 , サポーター,男女兼用,肩,右肩左肩兼用,肩用サポーター,スポーツ,サポーター,右肩左肩兼用,1526円,rihakusha.co.jp,男女兼用,肩のサポーター,/seafowl167315.html,フリーサイズ,スポーツ,ショルダー,フリーサイズ,肩,ショルダー 肩 サポーター スポーツ 男女兼用 右肩左肩兼用 肩用サポーター フリーサイズ 肩のサポーター ショルダー 2020A/W新作送料無料 サポーター,サポーター,スポーツ・アウトドア , スポーツウェア・アクセサリー , スポーツケア用品 , サポーター,男女兼用,肩,右肩左肩兼用,肩用サポーター,スポーツ,サポーター,右肩左肩兼用,1526円,rihakusha.co.jp,男女兼用,肩のサポーター,/seafowl167315.html,フリーサイズ,スポーツ,ショルダー,フリーサイズ,肩,ショルダー 1526円 肩 サポーター スポーツ 男女兼用 右肩左肩兼用 フリーサイズ ショルダー 肩 サポーター スポーツ 男女兼用 右肩左肩兼用 フリーサイズ ショルダー サポーター 肩用サポーター 肩のサポーター スポーツ・アウトドア スポーツウェア・アクセサリー スポーツケア用品 サポーター 肩 サポーター スポーツ 男女兼用 右肩左肩兼用 肩用サポーター フリーサイズ 肩のサポーター ショルダー 2020A/W新作送料無料

肩 サポーター [並行輸入品] スポーツ 男女兼用 右肩左肩兼用 肩用サポーター フリーサイズ 肩のサポーター ショルダー 2020A W新作送料無料

肩 サポーター スポーツ 男女兼用 右肩左肩兼用 フリーサイズ ショルダー 肩 サポーター スポーツ 男女兼用 右肩左肩兼用 フリーサイズ ショルダー サポーター 肩用サポーター 肩のサポーター

1526円

肩 サポーター スポーツ 男女兼用 右肩左肩兼用 フリーサイズ ショルダー 肩 サポーター スポーツ 男女兼用 右肩左肩兼用 フリーサイズ ショルダー サポーター 肩用サポーター 肩のサポーター











1.【男女共通・左右兼用・フリーサイズ】: サイズを自由に調節できるフリーサイズになっています。また左右の肩どちらにも使用できるので、様々な体型にフィットします
2.【快適で実用性のあるデザイン】: 各細部のデザインをより洗練させ、本製品はお客様にさらなる快適な生活を提供します。製品上部の三角形は結束バンドを固定し、肩部への二重補強をします。薄型のデザインのため、シャツの下に着ても違和感なく使用できます。
3.【装着しやすい】: 本製品は片手で着用する事を考慮しておよそ4秒で取付可能な簡単設計を採用しました。他者の介助も必要とせず、気軽に取り外しが可能になりました。
4.【高品質】: 製品は出荷前にテストを通して、耐久性が高いです。もし何らかの原因で本製品が機能しなかった場合は弊社までご連絡下さい。
5.【固定力が強化された2020年新型の肩用サポーター】
固定力が強化された2020年新型の肩用サポーター
弾性の強い上質なクロロジンゴムに加えOKの布地を使用していますので、丈夫さと高い固定力を実現しました。
製品上部の三角形は結束バンドを固定し、肩部への二重補強をします。
通気性と快適なデザイン
通気材と快適な穴を効果的に配置することで、固定力と通気性の両方を実現しました。
高耐久性
幅の広いテープを採用し、何度使っても粘着力が弱くなりません。
また長期間の使用にも耐え得るよう粘着力の衰えない幅広のテープを採用しています。

肩 サポーター スポーツ 男女兼用 右肩左肩兼用 フリーサイズ ショルダー 肩 サポーター スポーツ 男女兼用 右肩左肩兼用 フリーサイズ ショルダー サポーター 肩用サポーター 肩のサポーター

AA研トップ
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

〒183-8534 東京都府中市朝日町 3-11-1 (TEL: 042-330-5600)
トピックス
その他のお知らせ

過去のトピック・お知らせ

はじめに

アジア・アフリカ言語文化研究所(通称「AA研」)は,東京外国語大学に附置された共同利用・共同研究拠点で,次の3つの使命の下に研究活動を行なっています。

  • 共同研究の実施
  • 研究資源の編纂と普及
  • 次世代研究者の養成

詳細はこちらをご覧ください。

研究報告・近刊

Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.